Springタイプ 〜イエベ春〜 洋服 色選びのポイント

スプリングカラーの特徴は
●イエローベース
●高明度〜中明度
●清色

なので、洋服の色選びのポイントは2つ

●黄みを含んでいる色
●濁りがない色

絵の具に黄色を足した色

絵の具に黄色と白を足した色

スプリングタイプの色には

黒やグレーは混ざりません。

“濁りがない“は、大事なポイントになってきます。

特に色選びで気をつけたいのはベージュや茶色

濁りがないベージュや茶色はこんな感じ

私がお客さまに説明する時には「黄みをたぷり含んだクリアなベージュや茶色を選んでください」とお伝えしています。
実際に色で見ると「なるほど!クリアなベージュってこんな色ね」とわかりますが、ベージュや茶色で“濁りがない”って結構むずかしいですよね。

私はスプリングタイプ。
ベージュの服選びで何度か失敗しています。
「なんか顔色悪く見えるな…」と思う時は、青みのくすんだベージュを選んだ時でした。

私は黄みが得意なWarmタイプなので、サマータイプのピンクベージュやウィンタータイプのグレージュは顔色が悪く見え苦手です。

スプリングタイプが顔の近くに持ってくる色は、なるべく濁りがないものを

得意カラー以外の色をトップスで着る時は

●ゴールドやスプリングカラーのアクセサリーをつける
●スプリングカラーでメイクをする

得意なテイストをプラスすると似合いやすくなりますよ♪

スプリングタイプの色はくすみ感NGなので、意外と洋服を探すのに苦労します。
2ndタイプがある方は、似合う色の特徴を捉えて“似合う色の範囲を広げて探してみる”といいですよ♪

16タイプ・パーソナルカラー&スタイル骨格診断で、色と形を味方につけて魅力を最大限に引き出してみませんか?
詳しくはこちらからどうぞ

Instagram