16タイプパーソナルカラー診断・ビジョナリー思考

パーソナルカラー診断で、長年の悩みだった口紅の色が解決!!

16タイプパーソナルカラー診断
T様 30代
1stタイプ…Bright Summer
2ndタイプ…Clear Winter

診断前は、Autumnタイプの色が似合うと思っていたTさん。
診断してみると、似合うと思っていたカラーでは肌がくすんで見えてしまうという結果に…

Tさんが印象良く、お肌も綺麗に見える色は、意外にも“明るく鮮やかな青みの色”でした。

Tさんの長年の悩みは、唇色素の青みが強く口紅をつけても顔色が悪く見えてしまうこと。

Tさんのような、Bright Summerタイプが似合う口紅の色はローズピンク系です。
エクラでは、普段使っているコスメを持ってきていただき、似合う色かどうかのコスメカラーチェックをしています。
Tさんは本来なら似合うはずのローズピンクの口紅も持っていましたが、Tさんの唇の色素は青みが濃く、クスミも強い

口紅の色を選ぶときに大事なのは、パーソナルカラーに合っているか?ということにプラスして、自分の唇の色素の色を把握しておくことです。

ローズピンクが似合うが、青み色素が濃い場合、くすみのない明るい黄みをプラスしてあげる必要があります。
この時に、ファンデーションや唇用のコンシーラーで色を整える方法もありますが、口紅意外を唇に塗るのに抵抗がある方は多いと思うので、私は「口紅の色で解決したい」と思い、色素調整できる色をご提案するようにしています。

Tさんには、コーラルピンクの口紅を試してもらいました。
ご自身の青みが濃くクスミが強い色素の唇に、くすみのない明るい黄みのコーラルピンクの色を塗ることで、理想的なローズピンクの唇になりました♪

ちなみに、私は黄みがたっぷり入った色で印象よく見えるWarm Springタイプです。

が、私の唇は青み色素が濃い!

コーラルピンクの口紅をつけても、唇色素の青みが勝ってローズピンクになり、顔色が悪く見えてしまいます。

私の唇に必要なのは、とにかく黄み!

赤みを感じない、黄みが強い口紅が唇色素を整えるの大事な要素になってきます。なので、気に入った黄みが強い口紅は常にストックしている状態。

似合う口紅さえつけていれば、とりあえずスッピンでも顔色良く見えますからね♪

口紅は1本で自分に似合う色になればラッキーですが、青みが強い・黄みが強いと言う方は、色素調整するために2本の口紅を重ねて塗るといいですよ。

私が持っている口紅の一部。
真ん中の、ETVOSのウォルナットイエローが黄みが強くて色素調整にぴったり!
残念ながら限定カラー。
無くなるとホントに困るので、ストックを何本か持っています。

唇色素が強くて、口紅が思ったように発色しないとお悩みの方には
色素調整できる色をご提案させていただきます♪

【T様の感想】
「自分にはこの色が似合うんだろうな」と思っていた色が『似合わない色』で、 似合わない色だと信じ試そうとも思っていなかった色が『似合う』というまさかの真逆の結果だったので本当に驚きました!

「もし今回診断を受けていなかったらずっと似合わない色の物を身に着けていたのかな」と思うと今回診断を受けてよかった!と杉原さんには本当に感謝しています。
(やっぱり自己判断はいけないな…と反省しています)

PC診断を受ける方は年々増えているように感じますが、実際に申し込むのはハードルが少しばかり高いです。
ですがその分価値があり、これが自分には似合うんだ!と自信をもつことができました。

また、長年の悩みだった口紅の色も解決したのが嬉しかったです!
どれを使っても自身の青味が勝つので「もう諦めるしかないのかな」と思っていたんですが、自分には合わない色だと試そうともしていなかった色が合うとは思わず目から鱗でした。
マスクで唇を隠せてラッキーとなっていましたが、今はマスクをしてても口紅を付けてテンションあげて仕事をしています。
毎朝のメイクも楽しくなりました!

色によって自分の見た目がどう変化するのかを知ることができて本当によかったです。
今回は本当にありがとうございました!

「メイクをするのが楽しくなりました」という報告は、診断士にとって本当に嬉しい感想です♡

あなたもご自身が魅力的に輝く色を味方につけてみませんか?

16タイプパーソナルカラー診断の詳細はこちら

外見・内面共に、あなたの魅力&自信UPのお手伝いをします。

●16タイプ・パーソナルカラー診断
●ビジョナリー思考®︎ベーシック講座
メニューと詳細はこちらからどうぞ

Instagram