16タイプパーソナルカラー&スタイル骨格診断

パーソナルカラー診断は、若い子だけのものじゃない

先日、49歳のお客さま S様が『16タイプ・パーソナルカラー診断』にお越しくださいました。

診断では、まず最初にゴールドとシルバーのドレープをあてて顔映りをみます。

ゴールドで血色良く見える場合→イエベ

*シルバーをあてると血色が引き顔色が悪く見える

シルバーで透明感がUPして見える場合→ブルベ

*ゴールドをあてると顔が黄色くくすんで見える

この時点で、どちらがよいか判断しかねる時はテストカラーで顔映りを見ながら、最終的にゴールドとシルバーどちらで顔映りが良くなるのかを判断していきます。

※テストカラー:ピンク・青・黄色などの代表的な色を4シーズン分順番にドレープをあてて顔映りの変化をみます。

S様はゴールドのドレープをあてると顔が黄色くくすんで見えましたが、シルバーのドレープをあてると顔がパッと明るくなり透明感がでて色白に見えました。

「胸元に当てるドレープの違いで、こんなに顔色が変わるの???」と終始ビックリされていました。
「これは、歳をとったらみんなパーソナルカラー診断を受けた方がいい」
「知らないのはもったいない」と診断中に何度もおっしゃっていました。

それほど、ドレープの色で顔色や、シミ・シワ・たるみ・透明感・色の白さが違って見えたのです。

「パーソナル診断は若い子が受けている印象があったから、こんなオバさんが診断を受けてもいいのか、悩んでいたけど、思い切って予約してよかった」

と、教えてくれました。

当初私のパーソナルカラー診断のお客さまのターゲットは、私と同年代の40代か、30代・50代・60代くらいだったのですが、予約をしてくださるのは10代〜20代の方が圧倒的に多いです。

「似合う色を知りたい、コスメを買う時にブルベかイエベか知っておきたい」という10代・20代のお客さまの気持ちも良くわかりますし、若いお客さまにご予約いただけるもの、もちろん嬉しいのですが、

30代・40代・50代・60代・それ以上のお客さまにもご予約いただけると良いな〜〜〜〜。と常々思っています

お肌にハリがある若い時には
パーソナルカラーは

【印象良く見せるため】

年齢を重ね、シミ・しわ・たるみが出てくると
【印象良く見せるため】
プラス

【若々しく見せるため】
のツールにもなります。

パーソナルカラー以外の色の服を着ていると、シミ・しわ・たるみが強調されて老けて見えることも!

知らずに、服の色によって老けて見えてたら悲しいですよね。

自分を綺麗に見せてくれる色のグループと、
必要以上に老けさせる色のグループがあることを知ってもらいたい!

パーソナルカラーを身につけると、鏡を見たときに「今日も元気そう!」とか「まだまだ私イケてる!」とかポジティブになれます。

私がマスク生活になっても、パーソナルカラーの口紅を毎日塗るのは、

鏡を見たときにポジティブに自分の姿を受け取りたいから。

「加齢によって自信がなくなった、鏡を見るのが億劫・・・」と言う方、どうぞパーソナルカラー診断を受けてみてください。

パーソナルカラーの良いところは

例外なく 誰にでも
その方を輝かせる色がある!

ことだと思っています。

容姿も、年齢も、関係なく、全ての人が輝く色があり、似合うタイプの色のグループがあるんです!

パーソナルカラーを知っているのと、いないのとでは世界が違ってきますよ〜。

あなたも16タイプ・パーソナルカラー&スタイル骨格診断で、色と形を味方につけて魅力を最大限に引き出してみませんか?
詳しくはこちらからどうぞ

Instagram